2019年8月4日 8月会山行 大平山篭滝沢

8月会山行で、大平山篭滝沢の中流域を遡行しました。

 

メンバーは橋爪さん、佐々木さん、藤井さん、高瀬さん、赤澤さんと齋藤の6人。

7時20分、丸舞登山口から出発。

 

途中の登山道に「サルナシ(コクワ)」が沢山落ちていました。キウイフルーツを小さくしたようなとても甘酸っぱい美味しい実です。

 


8時10分 1時間弱登山道を歩いていよいよ入渓。

 

 

大小様々な滝が連続して楽しいです。

 

ここで橋爪さんが大発見!!
先月、齋藤が別のメンバーと篭滝沢を訪れた時、沢に流してしまったスマホを見事拾い上げてくれました。

スゴイ!・・・こんなことってあるんですね!!
※スマホは防水のAQUOSでしたが、やはり1ヵ月近く水中に沈んでたため、起動はしませんでした。

ほとんどデータはmicroSDに入れていたので、データは無事助かりました。

橋爪さんありがとうございました。

 

9:40大滝到着。

 

大滝の裏側に突入。

 

まさに「裏見の滝」最高に涼しいです。

今日の予定はこの大滝まででしたが、時間も早いの大滝を高巻き、もう少し先のヒネリ滝まで足を延ばすことにしました。

 

大滝から登山道までのルートは、石塚さんが事前に刈り払いをしてくれていたおかげで大変スムーズに越えることができました。
ありがとうございました。

 


大滝から先はいよいよ「不帰ノ沢」との異名をとる沢だけに難しくなってきます。

微妙なバランスでへつる藤井さん。

 

 

 

10:40「ヒネリ滝」。ここをへつるのは少し危険なためロープを使いました。途中でハーケンを1枚打ち込み何とか突破。

ここから皆さんフォローするのですが、大苦戦。失敗すると大きい淵に落ちて、頭まで水中に浸かってしまいます。
皆さん楽しそうに頭まで浸かっていました。

 

ここで藤井さんが果敢にも淵を泳いで滝に取り付きました。

 

そしてそこから滝を登り始めます。お〜そうきたか!!。

 


あと少し・・・見事登り切りました。

 

その後は、皆さん藤井さんと同じく淵を泳いで滝に取り付き全員この滝を登ることができました。

 

今回はここまでにして沢を下りることにしました。

シャワーあり泳ぎありで大変楽しかったですね。

記:齋藤

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM