平成28年10月16日(日) 小安岳〜高松岳〜山伏岳周回ルート

平成28年10月16日(日) 予報通り、朝から快晴。
晴れ日を狙っての10月会山行は、紅葉の高松岳。
小安岳、山伏岳を回る周回ルートで行ってきました。
メンバーは、松橋さん、佐々木(麻)=ちぇるさん、佐々木(美)の3名。

6:00に秋田出発。湯沢でちぇるさんと合流予定…
7:00、待ち合わせ場所へ向かうと、
路肩でスパッツを着けている女性の後ろ姿が…ちぇるさん!
直ぐに歩き出せる位、気合い入っています。

各々のポーズで写真に納まり、8:00泥湯を出発。

 

ブナ林に朝の光が差し込んできます。気持ちいい。
林の中は濡れ落ち葉で足元が滑りやすく危険。
斜面歩きは慎重に。

 

1時間半ほどで林を抜けると展望が広がりました。目指す高松岳の避難小屋も見えます。振り返ると鳥海山。山頂はうっすら雪化粧しています。湯沢からの眺めは、まさに『出羽の富士』。

 

2時間ほどで、小安岳到着。

 

遠くに見えるは、岩手山。

 

栗駒、虎毛山も赤くなっています。
眺めを楽しみながら小休止。
今日は本当に良い天気。

 

高松岳へ、トップはちぇるさん。
軽快なペースで登っていきます。
途中、石神山への分岐。登山道は荒れている様子。
『鶴岡さんが一緒だったら、藪漕ぎして行くかな??』と話しながら…通過。

 

避難小屋まで、あと少しです。
360度の景色、稜線歩きは快適です。

 

神室山が見えます。その奥は月山かな。

 

高松岳避難小屋。山頂まで300m。

 

11:24、高松岳山頂到着。
風もなく、ぽかぽか陽気。
山頂でゆっくりお昼をとりました。

 

山頂から見た避難小屋。

 

12:25、山伏岳へ出発。
午後になり、少しだけ風が出てきました。
健脚の松橋さん、途中から本気出し、見えなくなってしまいました。

 

長い下りの後、登り返して山伏へ。

 

13:36、山伏岳山頂で松橋さん発見。
高松岳から速足で30分だったとか。すごい!

 

あと、ここからは下るのみ。
少し薄雲が出てきましたが、
雨の心配は全くありません。快適、快適。

 

歩いてきた稜線が遠くに見えます。
よく歩いたな…

 

あまりに天気が良かったので、
空にばかり目がいき、
足元の花を見逃していました。
最後の下りで見つけたリンドウ。

 

川原毛地獄の林道に出ました。
もうひといきです。

 

高松岳「標高1,348mの割にはハードなコースです。」と、書いてある…

 

無事、泥湯に下山。
秋晴れの中、紅葉の山を満喫できました。
おつかれさまでした。

≪下山後の一言≫
松橋さん「今日の核心は、高松から山伏だった!」
※トレランではなく、早歩きで30分
ちぇるさん「神室とは違う怖さがありました。」
※会山行は今回で2回目のちぇるさん。
初めの登り、小安岳までの滑る斜面に
かなり緊張したとのこと
高松までの歩きは良いペースでしたよ!
佐々木 「こんな良い天気は、年に一度あるか、ないか…です。」
※自他認める雨女

≪コースタイム≫
8:00泥湯―9:54小安岳―11:09避難小屋―11:24高松岳(大休止)
13:36山伏岳―15:40泥湯

記:佐々木(美)


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM