2016年5月21日〜22日 神室山一泊山行【個人】


2016年5月21日〜22日に鶴岡(L),新入会員の佐々木(チ),
藤井(記)で神室山へ小屋泊り山行を実施したので報告する。
集合は道の駅おがちで,泊りのため9:00とゆっくりめに設定された。
道路事情に不案内な藤井が8:20と激しく早着するとそこには
もう鶴岡が腕を組んで準備完了して山を眺めている。
「お互い遠足の小学生みたいですねえ」と心で会話していると,
8:30に佐々木も到着して(他会員にもぜひ見習っていただきたい)すぐに出発し,
9:10に役内口登山口に到着した。


佐々木は自宅からすでにロングスッパツ・登山靴着用と
完璧な準備状況で(しかし車よく運転できたなあ),
他2
名もしばし後に準備完了し,西ノ又コースか,
パノラマ(尾根)コースかどちらを登ろうかと思案していると,
ちょうど下山者(たぶん山菜採りの人)がいて、西の又コースは山開き前で
吊り橋がかかってないとの情報をいただき,パノラマコースを選択する。


9:20に出発し,見通しのあまりよくない尾根を831mの小ピークまで
標高差400mを何度かの小休止と
無数の鶴岡高山植物談義をはさんでゆっくりと登る。


本格的な登山がほぼ初めてという佐々木も元気だ。
パノラマコースは小ピークが多く徐々に体力を奪われるが,
幸い薄曇りのため干からびない暑さだ。



パノラマコースは、出だしから急登の洗礼を受ける。
登山道脇にはチゴユリや、ウラジロヨウラク。


11時27分、第一ピーク。


最初のきつい登りに比べれば、穏やかなアップダウンが続く。
展望も徐々に開け、下界が見えてくる。


11時43分、第二ピーク。


第二ピークのあとは「ざんげ坂」が待っている。
ここからみればだいぶ懺悔させられそうに、急な斜面だ。


懺悔に備えて一息いれようと立ち止まると
虫がどこからか無数に出てくる。
前日に酒を飲んだ黒い服の男性に虫が集中する、とは鶴岡の説だが
藤井がそれを証明してくれた。


11時52分、美しいブナ林を経て懺悔の道が始まる。


残雪は1000mを越えた付近からあらわれ、まもなく
懺悔が終了。
残雪は一部で、ルートを見失うほどではない。
気温も高いこともあり、キックステップで十分に登ることができた。


高山帯となるため展望も次第に開ける。
ただし,前神室山がどーんと立ちはだかっているので
神室山主峰はほとんど見えない。


タムシバが見頃。


なんと、桜も満開で今が花盛り。
佐々木によれば「おいしそう」なのだそうだ。・・腹減ってたか。
第3ピーク手前で簡単に昼食タイムとした。止まると虫がくる。
刺す虫じゃないと言われたが、手に留まっている虫を見れば
一心不乱に吸い付いている。下山後、かゆくなった。
蚊ほどではないが、まれに刺す虫のようだ。


13時16分、第3ピーク。


もうちょいで前神室だ。がっつり登山デビューで、
なおかつ今年初登山という強者佐々木、元気だ。
当会の佐々木苗字の女子は、なぜかみんな強靭だ(鶴岡:感)


前神室山1342.0mには13:30頃到着し,一気に視界が開ける。
めぼしい山は反時計回りに、残雪で覆われた鳥海山と月山,遠く朝日連峰,



近くに火打岳,小又山,高松岳,虎毛山,ちょっと離れて栗駒山,
焼石岳,岩手山,秋田駒,森吉山,太平山,男鹿三山というかんじだ。



前神室山からは100mほどもったいなく急降下し,


13時44分、水晶森分岐。


鳥海山もばっちりだ。
今頃あの斜面を、当会の菊池が登っているか、
すでに下山しているかだなと菊池を思うチーム神室の3人。


前神室を過ぎればやっと神室山が見えてくる。


14時35分、レリーフ通過。


神室山避難小屋もだいぶ近い。


唯一の岩場を通過。


いくつかのピークを越えて神室山1365.0mには14:40ごろ到着。
日本二百名山にもかかわらず人の人がいない静かな山頂だ。


長丁場にもかかわらず佐々木が無事登頂したことを祝する。


頂上直下の神室山避難小屋は近年立て直されたばかりだそうで,
大変清潔かつ設備が充実している。トイレもおしゃれなエコトイレだ。
さすが山形県の小屋だ,秋田県もがんばれ。
土曜にもかかわらず宿泊はわれわれの他には1
名のみで,
単身赴任の筆者の自室より広いスペースをそれぞれが占有してゆったりと過ごせた。


荷物を広げて小休止後に水場に向かったが,この水汲みが実は核心部で,
急な草付きと雪渓を50m
ほど下る必要がある。
滑ると軽度でない怪我をしそうである。アイゼンはおろか
ピッケルやストックも持たずに来たので,かなりびびって採水した。
ただし,鶴岡は急な草付きに萌える変態で,
筆者が行く気にならなかった雪渓下部の
よりよい水が取れる沢までほいほい下って行った。
でも,おかげでおいしい水が飲めました,ありがとう。


夕食は鶴岡作,特に名前のない鍋が中心で,中身は普通だが
道すがら鶴岡が採取したタケノコ,こしあぶらが絶妙の風味をつけた。



没は19:00頃だったのでどっこいしょと山頂に戻り,
鳥海山に沈む夕日を堪能した。
筆者は若干酔っぱらっていたので20:00には就寝したが,
鶴岡は夕日を暗くまで見たのちに月見までして,圧倒的な強靭さを見せた。


翌日は鶴岡,佐々木が4時前に起床してご来光の準備を始めている。
筆者はあまりご来光は得意ではないのだが,
寝てばかりいるとろくでなしと思われそうなので同行する。


日の出は4:20頃で,ほぼ快晴のため昨日見えた山々が
再びおはようのあいさつをしてくれる。ただし,寒い。


朝日に染まる神室連峰の最高峰、小又山。


小屋に戻って昨晩の鍋をリサイクルしたうどんで体をあたため,
6:20
に出発した。
昨日と同じ道を他とるのだが,やはり長い。


特に前神室山は立派すぎる。「前」なのだから
もう少し低くてもいいのだが,
本峰をはるかに凌ぐ立派な山容である。



藤井を意気消沈(笑)させた前神室から神室山を振り返る。
神室山よりも、前神室や奥の小又のほうがかっこいいという談義に
しばし花が咲く。


下降とともに気温は急上昇し,かつ快晴のため,
一同汗でシャワー後のようになりながら10
:00に登山口に到着した。


佐々木は終始元気で、当会の盛り上げ役としての今後が期待される。
帰りは秋の宮温泉で汗を流し,体重減を祝し,
道の駅おがちで昼前には解散した。

天候と小屋に恵まれた快適な山行であった。

 (藤井:記/鶴岡:写真にキャプション程度に加筆)

コメント
ブログアップありがとうございます。

鶴岡さんが沢の水を汲みに行かれた場所は初心者なので山小屋待機してわからなかったのですが、すごい場所なのが写真で伝わります!
分けていただいたその水のおいしさは、この初の山小屋泊記念として残ってます。ほんとうまかった!
ストックやコンロや器に至るまで用意できなかった不備をフォローしてくださった お二人に感謝です。
  • 佐々木(ちぇる)
  • 2016/05/23 1:32 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM