2017年5月3日〜4日 大朝日岳へ古寺鉱泉から

日帰りばかりじゃあみんなで酒のめないし,

たまには山で宴会しようということで

2017年5月3日〜4日に山形県の大朝日岳に

登ってきたので報告する。

 

メンバーは斉藤(L),鶴岡,松橋,

新入会員の小玉,藤井(記録)で

平均年齢(48)はまずまず高い。

 

この時期は大朝日岳に

一番近い登山口である古寺鉱泉までの

除雪が済んでいるか心配であったが,

4月末に地元役場に問い合わせたこところ

GWまでに自己責任ながら

通行可能になるということで決行した。

 

5名は3隊に分かれて予定の5月3日午前8時に

古寺鉱泉に脱落者なく集合した。

 

なお,1名だけ山形方面から参加した鶴岡は,

除雪していない大江町経由でから

入山しようとして脱落しかけたが,毎度

集合時間の1時間以上前に集合場所にあらわれる

用心深さが吉と出て難を逃れた。

 

5月の朝日連峰ということで,

暑さ・寒さ対策どちらも

必要なため一同に荷物が膨れ上がっており,

大朝日岳までの長い行程に耐えられるか

いささか不安である。

 

ただし,駐車場に20台程度の

車があることから判断してトレースは

期待できるため,

溢れる体力を誇る斉藤と松橋以外は

ワカン・スノシュー持参を省略して軽量化し

身支度を整えて8:15に出発した。
 

天気は快晴で,日差しが非常に強く,

美肌を誇る鶴岡は顔面を含む皮膚を

1cm2も日光にさらさぬ出で立ちである。

 

登山道は3回ほどジグザグを切って

ハナヌキ峰(1196m)に続く支尾根上に出る。
 

残雪はまだ少ないが

見上げる主稜線には雪庇が残っている。

標高1000mあたりからは

雪が連続するようになるが,腐っておらず,

硬すぎず,快適に登ることができる。

 

新入会員の小玉は前日に十分に

睡眠がとれなかったらしく,若干不調を

示しているため鶴岡の励ましを受けて

ゆっくりと着実に進んでいる。

 

11:10にハナヌキ峰をトラバースして

主稜線に到着する。

 

ここまで約500m高度を稼いでいるが,

目的地の大朝日小屋までは

まだ標高差が600m以上あり,悲しい。

 

振り返れば背後に純白の月山が美しい。

休憩の後,雪の稜線を黙々と登り,

 

古寺山の大斜面を登りきって

 

前方の小朝日岳の急斜面に

若干引きながらも、

 

13:00に古寺山頂(1501m)に到着した。

このあたりからようやく目指す大朝日岳,

そして以東岳まで続く朝日連峰が

見えるようになる。

 

東側斜面に大雪庇が残っているが,

視界がよく先行者トレースが豊富にあるため

間違って雪庇に乗ることはなさそうである。

 

しばしの大休止後,次の急登である

小朝日岳(1647m)の斜面に取り付く。

小朝日岳のトラバース道は,下山者に聞くと

雪が固くかなり危険ということなので,

山頂経由の道を選び,

14:30に小朝日岳に到着する。

 

今夜の宿である大朝日小屋がはっきりと,

しかしまだまだ遠くに見える。

 

小朝日岳は鞍部までの標高差約200mの

急な下りがたいへん残念である。

このようなケースに定番の

ロープ(吊橋,ゴンドラ)かけてくれ談義が

始まる。

文句を言いつつ15分ほどで鞍部まで下り,

ようやく大朝日小屋までの

登りを残すのみとなる。

 

周辺は崩壊寸前のブロックだらけで,

上に乗った写真撮ってSNSに載せれば

大炎上して職失えるね,というバカ話に花が咲く。

ここから距離2.4km,

標高差350mでようやく小屋である。

鞍部を15:50に出発,

なんとかツエルト泊は避けられそうである。
 

17:00銀名水通過。かの名水は6mもの

雪の中である。

翌日、小屋の管理人の人たちが掘り起こし作業を

始めていた。

 

周りを見渡すと夕刻迫る朝日連峰は陰影を増し,

2000mを切る山とは

とても考えられない貫禄であるが,

頭の中はビールで占拠されている。

 

よたよたしながらも,

17:30ようやく大朝日小屋に到着した。

到着が遅くお叱りを受けるかと思っていたが,

管理人のよっちゃんが

優しい笑顔で迎えてくれる。

連休にもかかわらず

宿泊客は15人程度である。

 

夕食は鶴岡特製

トマト肉巻+乾燥ごはん+少々のおかずで

それほど大量ではない。

 

しかし,酒類の持参量は1泊にしてはかなり多く,

つまみも豊富にあり,宴は管理人さんにも

ご参加いただいて楽しく続いた。

 

筆者はよく寝る人なので知らない出来事であるが

鶴岡は夜景,ご来光を堪能したらしい。

こちらが、日本海へ沈む夕日。

夜景は由利本荘市まで見られるほどの

快晴だった。

 

我々5名は広々としたロフト

(詰めれば12人くらい収容可能)を

使わせていただき,湿気もなく

暖かく非常に快適に過ごすことができた。

 

鶴岡と松橋が、4時起きで

大朝日岳山頂でご来光を拝みに行動開始。

 

早立ちの登山者もいるが

ほとんどの宿泊者はまだシュラフの中。

 

他のメンバーも5時過ぎに起きて

簡単に朝食を済ませ,

 

6:30に山頂に向かう。

 

10分ほどで大朝日岳(1871m)に到着し,

風がほとんどない穏やかな山頂で

360度の展望を楽しむ。

 

少し雲は出てきたが昨日と変わらず

飯豊,鳥海,月山,蔵王と

名山が贅沢に望める。

下山は同じルートを引き返す。

 

7時30分ごろ、小屋を出発する。

 

下山は同じルートを引き返す。

 

 

途中はまた小朝日岳の登りに苦しめられたが,

 

雲も次第にとれて日差しが強い快晴の中,

 

雪を蹴っ飛ばしながら下山した。

 

雪が消えた枝尾根には

イワウチワが見頃だった。

 

13:30に古寺鉱泉到着,

その後は大井沢の湯ったり館で

汗を流して解散となった。

天気に恵まれ,名峰大朝日岳に

無事登頂できたことは幸運であった

来年は飯豊かもな。

 


| 1/227PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM