2017年6月18日 秋田駒ケ岳

秋田駒ケ岳へ行ってきました。

メンバーは、橋爪さん、齊藤さん、鶴岡さん、

佐々木(麻)=チェルさん、阿部さん、

佐々木(美)の6名。

新人の阿部さんは初めての山登り。

ジムでトレーニングを積んでの参加です。

 

秋田6:00出発。途中、県南組と合流し、

アルパこまくさ7:35到着。

予報通りの快晴。登山者も多いだろうと、

駐車場の混雑を心配しましたが、

まだ車は疎らでゆっくり駐車できました。

しかし、8:18発のバスを待つ間、

上の駐車場はたちまち満車となり、

バスも臨時便が出るくらいの混み様に…

 

八合目小屋を出発。

登山者の長い列ができています。

雪渓をトラバースすると、視界は一気に開け、

乳頭山や森吉山、そして遠くには岩木山を

望むことができました。

岩木山をこよなく愛するチェルさんは大喜び。

 

赤土の登山道を進み、片倉岳展望台へ。
 

眼下に広がる田沢湖と残雪を纏った鳥海山が

きれい見えます。

田沢湖を「阿弥陀池ですか?」と聞いてきた阿部さん…

初めての山登りです。

最初に目に飛び込んできた水溜りを

『阿弥陀池』と思うのは当然のこと。

周囲の人々を和ませてくれました。

 

高山植物の宝庫、秋田駒ヶ岳。

進むにつれお花畑が現れてきました。

タカネスミレ、ミヤマキンバイ、

ダイコンソウ、ムラサキヤシオ、

ショウジョウバカマ、イワガミ、

ヒナザクラ、ミネズオウ、

そしてミネザクラ。

 

木道を通り、ひとまず阿弥陀池避難小屋へ。

阿弥陀池は田沢湖に比べるとやはり

『池』…でしたね。

小屋で小休止しながら、

地図とコンパスの使い方についてプチ勉強会。

鶴岡さん持参のプチトマト(美味しかったなあ)を

いただきながら、ルートの相談。

 

ムーミン谷は雪が多いかもしれないと、
まずは男岳を目指すことに。

 

男岳までも人は途切れず続いています。

いつも修業系が多いのか、

こんなに賑やかな山は久しぶり。

今日は熊の心配もなさそうです。

 

男岳に向かう稜線沿いに、

涼しげなシラネアオイの群生がみられました。

 

男岳山頂からの眺望は素晴らしく、

岩手山や早池峰も望めました。

ムーミン谷には残雪が多く、チングルマの

お花畑が広がるのはもう少し先のようです。

 

谷には下りず、馬ノ背を通り横岳へ。

さながらのロッククライミングにチェルさん、
力が入ります。

 

※チェルさん、歩きながら歌を詠む

  『馬ノ背に 勢い挑む 花の山

 キウィデコポン 腹までたのし』 お見事!

 

 

横岳にて大休止。

前回の山行でガスヘッドを忘れた齋藤さん。

今回はサーモスでお湯持参…しかし、

肝心のカップーラーメンが、ない!? 
忘れたあぁ〜! 

 

でも大丈夫、仲間はいいものです。

橋爪さんのザックからは食べ物が、

出てくる、出てくる!冷凍ちゃんぽん、

デコポンにキウィフルーツ、

ゴマあんがみっしり詰まった高級和菓子

…ザックが重かったわけだ!

美味、美味とみんな大喜び。ごちそうさまでした。

 

お腹も満たされ、焼森経由で下山。

 

焼森周辺にはチングルマや

タカネスミレ、オオバキスミレが
黒土に映え可憐に咲いていました。

 

 

 

 

 

13:38、八合目小屋に無事下山。

お天気に恵まれ、花の名山をゆっくり周回。

お腹も満たされ、笑いの絶えない楽しい山行でした。

初登山の阿部さん、おつかれさまでした。

また、行きましょうね!

 

【コースタイム】

09:00八合目小屋スタート

10:05阿弥陀池避難小屋

11:00男岳

12:35横岳

13:38八合目小屋

 

 

 

 


| 1/229PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM